検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~  年

Effect of space environment on the induction of DNA-repair related proteins and recovery from radiation damage

DNA修復関連タンパクの誘導と放射線障害からの回復に及ぼす宇宙環境の影響

小林 泰彦; 渡辺 宏; 菊地 正博; 鳴海 一成

Kobayashi, Yasuhiko; Watanabe, Hiroshi; Kikuchi, Masahiro; Narumi, Issei

1994年7月にスペースシャトル・コロンビアを用いて実施された第2次国際微小重力実験室(IML-2)において、放射線抵抗性細菌Deinococcus radioduransの放射線障害からの回復が地上よりも宇宙環境で促進されることを見出した。そこで1996年9月にシャトル/ミール・ミッション4号機を用いて実施された宇宙放射線計測プロジェクトにおいて、本細菌のDNA修復系蛋白質の誘導に及ぼす宇宙環境の影響を調べたところ、宇宙環境下では、本細菌において我々が新たに発見したDNA修復系遺伝子pprAにコードされる蛋白質が地上よりも多量に誘導合成されることを見出した。また、宇宙環境が本細菌の放射線障害からの回復を促進することを確認すると共に、本細菌の放射線感受性変異株rec30では促進効果が現れないことが明らかになった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.