検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~  年

がん治療を目指したアルファ線放出核種、アスタチン-211の薬剤化に向けた取組み

Development of 211At-labeled radiopharmaceuticals for targeted radionuclide therapy

石岡 典子

Ishioka, Noriko

原子力機構におけるRI医療応用研究のうち、高崎量子応用研究所のイオン照射研究施設(TIARA)を利用した研究を中心に紹介する。具体的には、国内において関心の高いがん治療用アルファ核種、At-211に関する研究成果として、ビスマスターゲットを用いた製造法及び培養細胞に対するAt-211標識アミノ酸誘導体の障害活性について発表する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.