検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~  年

Sorption parameter setting approaches for radioactive waste disposal considering perturbation effects; Sorption reduction factors for organics

放射性廃棄物処分の安全評価のための擾乱影響を考慮した収着パラメータ設定手法; 有機物に対する収着低減ファクター

舘 幸男; Ochs, M.*

Tachi, Yukio; Ochs, M.*

福島第一原子力発電所におけるクリーンアップ及び廃止措置活動によって様々な種類の放射性廃棄物が発生している。これらの廃棄物の処分においては、廃棄物に含まれる共存物質(有機物,ホウ素,塩分等)による擾乱影響が考慮される必要がある。そのような共存物質は処分システムの安全評価のための放射性核種の収着パラメータに影響を及ぼす可能性がある。本研究は、これらの擾乱影響を考慮した収着パラメータの定量評価手法の開発と、セメント系材料に対する有機物(イソサッカリン酸)共存下での収着低減ファクターを例示的に評価することを目的とした。イソサッカリン酸の影響によるセメントへのAmの収着低減ファクターを導出するための3つの手法が比較された。これらのオプションは、共存物質による擾乱影響に関して利用可能なデータ量に応じて、段階的に適用されるべきである。

Various types of post-accident radioactive waste have been generated from cleanup and decommissioning activities at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant. For the disposal of these wastes, perturbation effects resulting from co-existing substances (e.g., organic substances, boron, and salts) are needed to be considered. Such co-existing substances may influence on the radionuclide sorption parameters for the safety assessment of the disposal systems. The present study focuses on developing the methodology to quantify sorption parameters by considering such perturbation effects and illustrating example calculations regarding the sorption reduction factors (SRFs) due to the presence of organic ligands (ISA) for cement systems. Three approaches for the derivations of SRFs for cement-Am-ISA case were compared. These options should be applied as a stepwise manner according to the data availability for the perturbation effects resulting from the co-existing substances.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.