検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Spectroscopy of strongly deformed $$^{32}$$Ne by proton knockout reactions

陽子ノックアウト反応による強く変形した$$^{32}$$Neの核分光

Murray, I.*; MacCormick, M.*; Bazin, D.*; Doornenbal, P.*; 青井 考*; 馬場 秀忠*; Crawford, H. L.*; Fallon, P.*; Li, K.*; Lee, J.*; 松下 昌史*; 本林 透*; 大塚 孝治*; 櫻井 博儀*; Scheit, H.*; Steppenbeck, D.*; 武内 聡*; Tostevin, J. A.*; 角田 直文*; 宇都野 穣; Wang, H.*; 米田 健一郎*

Murray, I.*; MacCormick, M.*; Bazin, D.*; Doornenbal, P.*; Aoi, Nori*; Baba, Hidetada*; Crawford, H. L.*; Fallon, P.*; Li, K.*; Lee, J.*; Matsushita, Masafumi*; Motobayashi, Toru*; Otsuka, Takaharu*; Sakurai, Hiroyoshi*; Scheit, H.*; Steppenbeck, D.*; Takeuchi, Satoshi*; Tostevin, J. A.*; Tsunoda, Naofumi*; Utsuno, Yutaka; Wang, H.*; Yoneda, Kenichiro*

理化学研究所のRI Beam Factory(RIBF)にて中性子過剰核$$^{32}$$Neの低励起状態を1陽子あるいは2陽子ノックアウト反応によって生成し、そこからの脱励起ガンマ線の測定によって、エネルギー準位を構築した。1410(15)keVのガンマ線を初めて測定し、反応断面積の系統性などから$$4^+_1$$から$$2^+_1$$への遷移に対応すると提案した。既に知られている$$2^+_1$$準位を用いて、$$4^+_1$$$$2^+_1$$の励起エネルギー比2.99(6)が得られた。この値は、回転スペクトルの値に近く、$$^{32}$$Neは強く変形していることがわかった。この実験結果は、大規模殻模型計算の結果とよく一致した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:100

分野:Physics, Nuclear

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.