検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 6 件中 1件目~6件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

報告書

平成21年度研究開発・評価報告書; 評価課題「地層処分技術に関する研究開発」(中間評価)

地層処分研究開発部門

JAEA-Evaluation 2010-001, 29 Pages, 2010/08

JAEA-Evaluation-2010-001.pdf:47.54MB
JAEA-Evaluation-2010-001-appendix(CD-ROM).zip:87.6MB

独立行政法人日本原子力研究開発機構は、「国の研究開発評価に関する大綱的指針」(平成20年10月31日内閣総理大臣決定)及び「文部科学省における研究及び開発に関する評価指針」(平成21年2月17日文部科学大臣決定)、並びに原子力機構の「研究開発課題評価実施規程」(平成17年10月1日制定,平成18年1月1日改正,平成21年8月19日改正)等に基づき、平成21年7月3日に「地層処分技術に関する研究開発」にかかわる中間評価を地層処分研究開発・評価委員会に諮問した。これを受けて、地層処分研究開発・評価委員会は、「国の研究開発評価に関する大綱的指針」等に則り事前に定めた評価手法に従い、第1期中期計画期間の研究開発の実施状況及び次期中期計画の見通しについて、研究開発の必要性,有効性,効率性等の観点から評価を行った。その結果、第1期中期計画期間における研究開発の着実な進展や、地層処分技術の信頼性の向上と実用化に向けた成果の重要性等を確認する一方、国民との相互理解の促進や総合的な技術力の維持・強化等の観点から、今後の研究開発を着実に進めていくための提言を行った。

報告書

平成21年度研究開発・評価報告書; 評価課題「量子ビーム応用研究」(事前評価)

量子ビーム応用研究部門

JAEA-Evaluation 2010-002, 58 Pages, 2010/09

JAEA-Evaluation-2010-002.pdf:13.92MB

独立行政法人日本原子力研究開発機構(以下、「原子力機構」という)は、「国の研究開発評価に関する大綱的指針(平成17年3月29日内閣総理大臣決定、平成20年10月31日改訂)及びこの大綱的指針を受けて作成された「文部科学省における研究及び開発に関する評価指針」(平成17年9月26日制定、平成21年2月17日改正)等に基づき、平成21年6月22日に量子ビーム応用研究に関する事前評価を量子ビーム応用研究・評価委員会に諮問した。(これを受けて、量子ビーム応用研究・評価委員会は、本委員会によって定められた評価方法に従い、原子力機構から提出された平成22年4月から平成27年3月までの第2期中期計画期間における量子ビーム応用研究部門の運営並びに量子ビーム応用研究計画に関する説明資料の検討を行った。本報告書は、量子ビーム応用研究・評価委員会より提出された事前評価の内容を取りまとめたものである。

報告書

平成21年度研究開発・評価報告書; 評価課題「量子ビーム応用研究」(事後評価)

量子ビーム応用研究部門

JAEA-Evaluation 2010-003, 115 Pages, 2010/09

JAEA-Evaluation-2010-003.pdf:28.76MB

独立行政法人日本原子力研究開発機構(以下、「原子力機構」という)は、「国の研究開発評価に関する大綱的指針(平成17年3月29日内閣総理大臣決定、平成20年10月31日改訂)及びこの大綱的指針を受けて作成された「文部科学省における研究及び開発に関する評価指針」(平成17年9月26日制定、平成21年2月17日改正)等に基づき、平成21年6月22日に量子ビーム応用研究に関する事後評価を量子ビーム応用研究・評価委員会に諮問した。これを受けて、量子ビーム応用研究・評価委員会は、本委員会によって定められた評価方法に従い、原子力機構から提出された平成17年10月から平成21年6月までの量子ビーム応用研究部門の運営並びに量子ビーム応用研究の実施状況に関する説明資料の検討を行った。本報告書は、量子ビーム応用研究・評価委員会より提出された事後評価の内容を取りまとめたものである。

報告書

平成21年度研究開発・評価報告書; 評価課題「核融合研究開発」(中間評価)

核融合研究開発部門

JAEA-Evaluation 2010-004, 166 Pages, 2010/10

JAEA-Evaluation-2010-004.pdf:67.01MB

日本原子力研究開発機構(以下、「原子力機構」という)は、「国の研究開発評価に関する大綱的指針」(平成17年3月29日内閣総理大臣決定)及びこの大綱的指針を受けて作成された「文部科学省における研究及び開発に関する評価指針」(平成17年9月26日文部科学大臣決定)、並びに原子力機構の「研究開発課題評価実施規定」(平成17年10月1日制定、平成18年1月1日改訂)等に基づき、「核融合エネルギーを取り出す技術システムの研究開発」に関する中間評価を核融合研究開発・評価委員会に諮問した。これを受けて、核融合研究開発・評価委員会は、原子力機構から提出された平成17年10月から平成21年8月までの核融合研究開発部門の運営並びに核融合研究開発の実施状況に関する説明資料の検討、及び核融合研究開発部門長による口頭発表と副部門長も交えての質疑応答・意見交換を行った。本報告書は、核融合研究開発・評価委員会より提出された中間評価の内容、並びに、委員会による指摘事項とそれに対する措置を取りまとめたものである。

報告書

平成21年度研究開発・評価報告書; 評価課題「先端基礎研究」(事後評価)

先端基礎研究センター

JAEA-Evaluation 2010-005, 33 Pages, 2010/11

JAEA-Evaluation-2010-005.pdf:0.83MB
JAEA-Evaluation-2010-005-CD.pdf:6.17MB

日本原子力研究開発機構(以下、「原子力機構」という)は、「国の研究開発評価に関する大綱的指針」(平成17年3月29日内閣総理大臣決定)及びこの大綱的指針を受けて作成された「文部科学省における研究及び開発に関する評価指針」(平成17年9月26日文部科学大臣決定)、並びに原子力機構の「研究開発課題評価実施規程」(平成17年10月1日制定、平成18年1月1日改正)等に基づき、平成22年1月15日に先端基礎研究センターに関する事後評価を先端基礎研究・評価委員会に諮問した。(23ページ「研究開発課題の事後評価について(諮問)」参照)これを受けて、先端基礎研究・評価委員会は、本委員会によって定められた評価方法に従い、原子力機構から提出された平成17年10月から平成22年2月までの先端基礎研究センターの運営及び先端基礎研究の実施に関する説明資料の検討、及び先端基礎研究センター長、並びに研究グループリーダーによる口頭発表と質疑応答を実施した。本報告書は、先端基礎研究・評価委員会より提出された事後評価の内容をまとめるとともに、7ページ以降に「評価結果(答申書)」を添付したものである。

報告書

平成22年度研究開発・評価報告書; 評価課題「先端原子力科学研究」(事前評価)

先端基礎研究センター

JAEA-Evaluation 2010-006, 133 Pages, 2010/11

JAEA-Evaluation-2010-006.pdf:1.97MB

独立行政法人日本原子力研究開発機構(以下、「原子力機構」という)は、「国の研究開発評価に関する大綱的指針」(平成17年3月29日内閣総理大臣決定)及びこの大綱的指針を受けて作成された「文部科学省における研究及び開発に関する評価指針」(平成17年9月26日文部科学大臣決定)、並びに原子力機構の「研究開発課題評価実施規程」(平成17年10月1日制定,平成18年1月1日改正)等に基づき、平成22年4月6日に先端基礎研究センターに関する事前評価を先端基礎研究・評価委員会に諮問した。(25ページ「研究開発課題の事前評価について(諮問)」参照)これを受けて、先端基礎研究・評価委員会は、本委員会によって定められた評価方法に従い、原子力機構から提出された先端基礎研究センターの運営及び先端基礎研究の実施に関する説明資料の検討及び先端基礎研究センター長並びに研究グループリーダーによる口頭発表と質疑応答を実施した。本報告書は、先端基礎研究・評価委員会より提出された事前評価の内容をまとめるとともに、7ページ以降に「評価結果(答申書)」を添付したものである。

6 件中 1件目~6件目を表示
  • 1