検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

材料試験炉-運転と技術開発No.14; 1999年度

Annual report of JMTR, No.14 FY 1999; April 1, 1999 - March 31, 2000

材料試験炉部

Department of JMTR

1999年(平成11年)度に、JMTRは、第128から第132サイクル計5サイクルの利用運転を行い、延べ138本・サイクルのキャプセルと80本の水カラビットの照射試験,照射後試験を実施した。照射利用の目的は、BWR高燃焼度燃料の出力急昇試験,軽水炉炉内構造材の照射誘起応力腐食割れ研究,アクチノイド水素化物燃料の開発研究,核融合炉材料の開発研究,RI製造及び製造技術開発等であった。また、技術開発として、IASCC照射試験のための高度材料環境照射装置の開発,遠隔操作型高温疲労試験装置の開発,トリチウム増殖材微小球充填体の照射下でのトリチウム生成・回収特性の測定試験等を実施した。本報告書は、これらの研究・業務活動をまとめたものである。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.