検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Normalization of $$gamma$$-$$gamma$$ angular correlation coincidence counts using characteristic X-rays

特性X線を利用する$$gamma$$-$$gamma$$角度相関測定同時計数値の規格化

浅井 雅人*; 河出 清*; 柴田 理尋*; 小島 康明*; 長 明彦 ; 小泉 光生 ; 関根 俊明

Asai, Masato*; Kawade, Kiyoshi*; Shibata, Michihiro*; Kojima, Yasuaki*; Osa, Akihiko; Koizumi, Mitsuo; Sekine, Toshiaki

われわれは3個以上のGe検出器を用いる$$gamma$$線角度相関測定において、異なる効率を持つ検出器の組み合せから得られる同時計数値を規格化する新しい方法を提案する。この方法は内部転換や軌道電子捕獲に伴って放出される特性KX線が$$gamma$$線と同時計数され、特性KX線が等方的に放出されることを利用する。角度相関の決定には、目的の$$gamma$$線とKX線の強度比を求めるだけでよく、検出器効率も、単一Ge検出器による$$gamma$$線強度も必要としないことが特徴である。この方法の有用性はオンライン質量分離された$$^{126}$$Laと$$^{128}$$La線源で実証した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:21.52

分野:Instruments & Instrumentation

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.