検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Current status of JAERI program on development of ultra-trace-analytical technology for safeguards environmental samples

原研における保障措置環境試料のための極微量分析技術の開発計画の現状

安達 武雄; 臼田 重和; 渡部 和男; 桜井 聡; 間柄 正明; 半澤 有希子; 江坂 文孝; 安田 健一郎; 齋藤 陽子; 高橋 正人; 軍司 秀穂; 榊原 孝明; 黒沢 節身; 宮本 ユタカ; 鈴木 大輔

Adachi, Takeo; Usuda, Shigekazu; Watanabe, Kazuo; Sakurai, Satoshi; Magara, Masaaki; Hanzawa, Yukiko; Esaka, Fumitaka; Yasuda, Kenichiro; Saito, Yoko; Takahashi, Masato; Gunji, Hideho; Sakakibara, Takaaki; Kurosawa, Setsumi; Miyamoto, Yutaka; Suzuki, Daisuke

IAEA保障措置制度の強化に寄与するため、原研では環境試料に含まれている極微量核物質の分析技術開発をスクリーニング,バルク分析及びパーティクル分析について進めている。スクリーニングでは、低エネルギー$$gamma$$線及びX線測定へのアンチコンプトン法の適用及びイメージングプレート法をとりあげた。バルク分析では、拭取り試料の前処理条件の最適化を検討し、拭取り試料に含まれるウラン不純物の影響の低減化を図った。同位体比測定手法としては、試料調整が容易なICP-MSに注目した。パーティクル分析では、TXRF,EPMA及びSIMSで共通に使用できる試料保持体の作成により、粒子ごとの測定に要する時間の短縮を目指している。TXRFによるウランの感度は0.4ngを達成した。これらの研究は、今後クリーンルームを有するCLEAR施設で実施される。2003年3月までに極微量分析技術を確立し、ネットワーク分析所としてIAEAに貢献するとともに、国内保障措置制度にも寄与する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.