検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

マルチアンビルを用いた高温高圧実験; 最近の成果

High-pressure and high-temperature experiments using multi-anvil appratus; Recent results

舟越 賢一*; 内海 渉; 大高 理*; 入舩 徹男*; 井上 徹*; 伊藤 英司*; 桂 智男*; 久保 敦*; 廣瀬 敬*; 安東 淳一*; 鈴木 昭夫*; 久保 友昭*; 寺崎 英紀*

Funakoshi, Kenichi*; Utsumi, Wataru; Otaka, Osamu*; Irifune, Tetsuo*; Inoue, Toru*; Ito, Eiji*; Katsura, Tomoo*; Kubo, Atsushi*; Hirose, Kei*; Ando, Junichi*; Suzuki, Akio*; Kubo, Tomoaki*; Terasaki, Hidenori*

高温高圧下でのX線回折は、地球や惑星内部の岩石・鉱物試料の構造や状態を直接観察することのできる非常に有効な手段である。放射光とマルチアンビルを組み合わせた高温高圧X線回折の歴史は、高エネルギー加速器研究機構の放射光実験施設に初めて一段式マルチアンビルMAX80で実験が開始された1983年から始まる。さらに1997年には一段式よりも高圧力の発生可能な2段式マルチアンビルSPEED-1500による実験がSPring-8で開始され、およそ2500$$^{circ}C$$、30GPaまでの高温高圧X線実験が可能になった。本稿ではSPring-8の2段式マルチアンビルを例にとり、最近の研究例を中心に紹介する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.