検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Status of extened performance tests for blanket remote maintenance in the ITER L6 project

ITER L6プロジェクトにおけるブランケット遠隔保守拡張性能試験

角舘 聡; 岡 潔; 吉見 卓*; 桧山 昌之; 田口 浩*; 柴沼 清; 小泉 興一; 松本 泰弘*; 本多 力*; Haange, R.*

Kakudate, Satoshi; Oka, Kiyoshi; Yoshimi, Takashi*; Hiyama, Masayuki; Taguchi, Ko*; Shibanuma, Kiyoshi; Koizumi, Koichi; Matsumoto, Yasuhiro*; Honda, Tsutomu*; Haange, R.*

ITERのブランケット保守では、4トンの大重量・大型のモジュールを$$pm$$2mm以内の位置姿勢精度で取り扱うことが要求されている。現在、EDA延長期間のR&D計画に従って、センサー情報(位置力)に基づいた機械締結式モジュールの着脱を実証するために、その制御手法の開発を進めている。機械締結式ブランケットの取り付け面は、キーや位置決めピンから構成され、それぞれが高いはめあい精度($$pm$$0.25mm以下)を必要とする嵌合構造である。そのため、挿入方向がマニピュレータのたわみや計測誤差により理想的な挿入方向と異なる場合、キーとモジュールの接触がマニピュレータの運動を拘束し、安定なモジュールの取付が困難となる。本報では、モジュールとマニピュレータ間の誤差を想定した場合の適用性試験を行い、力制御法の基本となる着脱動作時に発生する力の評価法について報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:88.23

分野:Physics, Fluids & Plasmas

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.