検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Mechanical properties of HIP bonded W and Cu-alloys joint for plasma facing components

HIP法により接合されたプラズマ対向機器用タングステン-銅合金継ぎ手の機械的特性

斎藤 滋; 深谷 清*; 石山 新太郎; 佐藤 和義

Saito, Shigeru; Fukaya, Kiyoshi*; Ishiyama, Shintaro; Sato, Kazuyoshi

現在、ITER等の核融合炉の設計において、ダイバータ装置のアーマー材としてW(タングステン)合金の適用が検討されており、冷却構造体である銅合金との接合技術を開発する必要がある。われわれは、高い信頼性や強度を得られる接合法として注目されている熱間等方加圧(Hot Isostatic Pressing; HIP)法を用いたWと銅合金の接合技術の開発に着手した。Wと無酸素銅の直接接合の最適接合条件は1000$$^{circ}C$$・2時間・147MPaで、接合強度はHIP処理した無酸素銅とほぼ等しい。一方、Wとアルミナ分散強化銅との接合は、残留応力や酸化物の形成により、直接接合は困難であるが、両者の間に厚さ0.3mm以上の無酸素銅を挟むことで接合が可能となった。引張り試験の結果、厚さ0.3~0.5mmでは高温で接合強度が低下するため、厚さ1.0mm以上の無酸素銅間挿材が必要である。このときの強度はW/無酸素銅接合体やHIP処理した無酸素銅の強度をやや上回った。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:12.2

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.