検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Development of Be/DSCu HIP bonding and thermo-mechanical evaluation

ベリリウムとアルミナ分散強化銅の高温等方加圧接合の開発とその熱・機械特性評価

秦野 歳久; 黒田 敏公*; Barabash, V.*; 榎枝 幹男

Hatano, Toshihisa; Kuroda, Toshimasa*; Barabash, V.*; Enoeda, Mikio

ITER第一壁においてベリリウムとアルミナ分散強化銅の冶金的に接合した構造体が必要である。そこで熱伝導がよく、高い接合強度が得られる高温等方加圧接合法を適用することにした。しかし、直接接合すると熱膨張率の差及び接合面での脆い金属間化合物の生成により十分な性能を有する接合体が得られない問題があった。これらの問題を解決するために、応力緩和及び反応抑止を目的として第3金属を中間層として挿入する方法を考案した。中間層材質,中間層成膜方法,HIP条件等をパラメータに機械試験と金相観察により評価することによって、これらを最適化し良好な性能を発揮する二種類の接合方法を選定した。選定した条件は中間層にアルミ/チタン/銅、接合温度555$$^{circ}C$$と中間層に蒸着した銅、接合温度620$$^{circ}C$$である。さらにそれら接合体の熱負荷試験により性能を比較し、熱機械特性について考察した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:67.05

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.