検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

高温ガス炉システムの安全機能に関する検討(受託研究)

Study on the safety system in the High Temperature Gas Cooled Reactor (Contract research)

西原 哲夫 ; 武藤 康; 内田 正治*; 吉岡 直樹*

Nishihara, Tetsuo; Muto, Yasushi; Uchida, Shoji*; Yoshioka, Naoki*

本報告書は原研が文部科学省の委託を受け、平成8年度から平成12年度にかけて実施した「高温発電システムのフィージビリティスタディ」の中から、需要地近接立地を念頭においた安全目標の設定、並びに、経済性向上のための安全設備の合理化に関する検討結果を纏めたものである。高温ガス炉システムの安全目標として、許容被ばく線量は軽水炉に適用される値を用いることとしたが、設計基準事象及び設計基準外事象として考慮する事象の発生頻度を軽水炉より低く設定し、安全余裕を大きくとることとした。安全評価事象に関しては、高温ガス炉ガスタービン発電システムを対象として代表的な起因事象及び原子炉を安全に停止させるための保護動作を適切に設定してイベントシーケンスを展開し、起因事象及び保護動作に確率論的考えを導入して設計基準事象及び設計基準外事象を摘出した。そして、高温ガス炉の特徴である大きな安全余裕を考慮することにより、軽水炉で要求されているいくつかの安全設備を合理化しても、安全目標を満足できることを明らかにした。最後に、安全機能の重要度,各設備の機器種別の設定を行った。

JAERI has conducted the feasibility study of the HTGR gas turbine system from 1996 to 2000 sponsored by MEXT. This report concludes the safety criteria and rationalization of the safety items in the HTGR system.With respect to the safety criteria, the same value for the LWR is selected as the limit of radiation exposure. Probability of the design basis event (DBE) and beyond design basis event (BDBE) is set lower than those for the LWR to get higher safety margin. Adequate initial events and mitigation system are selected to consider the event sequence. The concept of the probability analysis is applied to identify DBEs and BDBEs. It is found that some safety items can be rationalized in consideration of the safety features of the HTGR. Finally, the safety class and design category of the items in the HGTR-GT are classified.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.