検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

High counting rate two-dimensional neutron imaging method using rectangular scintillators with WLS fibers

シンチレータと波長シフトファイバを用いた高計数率2次元中性子イメージング検出法

藤 健太郎; 片桐 政樹; 坂佐井 馨; 松林 政仁; 美留町 厚; 高橋 浩之*; 中澤 正治*

To, Kentaro; Katagiri, Masaki; Sakasai, Kaoru; Matsubayashi, Masahito; Birumachi, Atsushi; Takahashi, Hiroyuki*; Nakazawa, Masaharu*

大面積/高計数率な中性子イメージングを目指してLiガラスシンチレータと波長シフトファイバを組み合わせた中性子イメージング検出法を開発した。検出器の構造は、Liガラスシンチレータの4つの側面に波長シフトファイバを配置しアレイ化した構造である。X軸及びY軸の位置はガラスシンチレータのそれぞれ相対する側面に配置されたファイバの同時計数が成立した場合に決定する方法を用いている。5mm$$times$$5mm$$times$$2mmtのLiシンチレータを4$$times$$4のアレイとした検出器を用いた基礎実験により、3Mcpsの中性子が入射してもリニアリティ良く中性子イメージングが可能であることを確認した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:76.54

分野:Materials Science, Multidisciplinary

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.