検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Two-dimensional neutron imaging method using scintillators with wavelength shifting fibers

シンチレータと波長シフトファイバを組み合わせた二次元中性子イメージング法

藤 健太郎; 片桐 政樹; 坂佐井 馨; 松林 政仁; 美留町 厚; 高橋 浩之*; 中澤 正治*

To, Kentaro; Katagiri, Masaki; Sakasai, Kaoru; Matsubayashi, Masahito; Birumachi, Atsushi; Takahashi, Hiroyuki*; Nakazawa, Masaharu*

次世代パルス中性子源を利用した中性子散乱研究に利用可能なシンチレータと波長シフトファイバを組み合わせた二次元中性子イメージング検出法の研究を進めている。本イメージング法は矩形シンチレータの4つの側面にそれぞれ波長シフトファイバを配置した構造の検出素子を用いている。入射する中性子の位置は、これら4本の波長シフトファイバから同時に蛍光が検出された場合入射位置とする方法により決定される。5$$times$$5$$times$$2mmtのLiガラスシンチレータを4$$times$$4のアレイとして配置した中性子イメージング検出素子を作製し基礎実験を行った。この結果、中性子検出効率が13%で、かつシンチレータ間のクロストロークが10%以下の位置精度で中性子イメージングが可能であることを確認した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:78.67

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.