検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

東京消防庁特殊災害対策車輌用遮へい体の性能評価

Evaluation of dose attenuation factor of armored car against radiation accidents

佐藤 達彦  ; 藤井 克年 ; 村山 卓; 坂本 幸夫; 山口 恭弘; 佐藤 行雄*; 相馬 信行*; 藤崎 登*; 原 聡*; 相川 行雄*; 高橋 太*

Sato, Tatsuhiko; Fujii, Katsutoshi; Murayama, Takashi; Sakamoto, Yukio; Yamaguchi, Yasuhiro; Sato, Yukio*; Soma, Nobuyuki*; Fujisaki, Noboru*; Hara, Satoshi*; Aikawa, Yukio*; Takahashi, Toru*

東京消防庁は、臨界事故等の放射線災害時の救助活動にも適応可能な、放射線遮へい機能を有する特殊災害対策車輌を設計・製作した。しかし、この車輌ボディに用いた複合遮へい体により中性子または$$gamma$$線の線量がどの程度減衰されるか(線量減衰率)は、近似法を用いて簡易に評価したのみで、より精度の高い評価が必要とされていた。日本原子力研究所は、東京消防庁からの依頼により、この複合遮へい体の性能に関する詳細な評価を行った。評価は、放射線輸送計算コードMCNP4Bを用いたシミュレーションにより行った。また、車輌の側面及び背面に用いた遮へい体の試験体による線量減衰率の測定を行うことにより、計算結果の信頼性を確認した。この結果、最も厚い遮へい体の場合、中性子線源からの線量を10%程度に、$$gamma$$線源からの線量を25%程度に減衰させることが明らかとなった。これは、近似法を用いて簡易に評価した結果とほぼ一致しており、特殊災害対策車は期待されている遮へい性能を有することが明らかとなった。

Tokyo Fire Department developed an armored car against radiation accidents. Dose attenuation factors of the radiation shields had been determined by a simple estimation, and a more precise evaluation was required. By request from Tokyo Fire Department, a precise evaluation of the dose attenuation factor was carried out. The evaluation was done by a Monte Carlo radiation transport simulation code MCNP4B. Benchmark experiments using neutron and gamma ray sources were also performed for ensuring the evaluation method. As a result, it was found out that doses of neutron and gamma ray were attenuated to approximately 10% and 25% by the thickest shield, respectively. These values were close to the ones which had already obtained by the simple estimation.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.