検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Criticality safety benchmark experiment on 10% enriched uranyl nitrate solution using a 28-cm-thickness slab core

28cm厚平板炉心を用いた10%濃縮硝酸ウラニル水溶液の臨界安全ベンチマーク実験

山本 俊弘; 三好 慶典; 菊地 司*; 渡辺 庄一

Yamamoto, Toshihiro; Miyoshi, Yoshinori; Kikuchi, Tsukasa*; Watanabe, Shoichi

10%濃縮の硝酸ウラニル水溶液の第2シリーズの臨界実験をSTACYでの28cm厚平板炉心タンクを用いて行った。ウラン濃度を464から300gU/Lまで変化させて系統的な臨界データが取得された。本報告書では、水反射体付き及び反射体なしの条件で計13の臨界体系について評価を行った。実験誤差の実効増倍率への影響を感度解析により求めた。計算モデルを構築するのに必要な、ベンチマークモデルを提示した。ベンチマークモデルに含まれる不確かさは約0.1%$$Delta$$kとなった。13の臨界体系はベンチマークデータとして認定できる。これらのベンチマークデータを用いて、標準的な計算コード,核データを用いたサンプル計算の結果も示す。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:66.97

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.