検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Anomalous shift of Curie temperature in iron-nickel invar alloys by high-energy heavy ion irradiation

鉄ニッケルインバー合金の高エネルギーイオンビームによるキューリー温度の異常変化

岩瀬 彰宏; 浜谷 祐多郎*; 椋本 佳範*; 石川 法人; 知見 康弘; 神原 正*; M$"u$ller, C.*; Neumann, R.*; 小野 文久*

Iwase, Akihiro; Hamatani, Yutaro*; Mukumoto, Yoshinori*; Ishikawa, Norito; Chimi, Yasuhiro; Kambara, Tadashi*; M$"u$ller, C.*; Neumann, R.*; Ono, Fumihisa*

鉄ニッケルインバー合金をGeV領域のZe,Uイオンで照射し、キューリー温度の変化を測定した。照射により、キューリー温度は上昇し、それは、イオンの電子的阻止能が増加するとともに増加した。この現象は、GeVイオン照射のもたらす電子励起によって結晶格子が膨張したか、あるいは、Niの局所濃度が増加したことで説明できる。

Fe=Ni Invar alloy is irradiated with GeV Xe and U ions at room temperature. By the irradiation, the Curie temperature of the soecimens increases, which is correlated with the electronic stopping power. This phenomenon can be explained as due to the lattice expansion and/or the local increase in Ni concentration.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:22.74

分野:Instruments & Instrumentation

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.