検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Positronium formation reaction of trapped electrons and free positrons; Delayed formation studied by AMOC

捕捉電子と自由陽電子によるポジトロニウム形成反応; AMOCによる遅延形成の研究

鈴木 直毅*; 平出 哲也; 斎藤 文修*; 兵頭 俊夫*

Suzuki, Naoki*; Hirade, Tetsuya; Saito, Fuminori*; Hyodo, Toshio*

1980年台からいろいろな物質中で低温で陽電子消滅寿命測定を行うとポジトロニウム形成が増加する現象が見られてきた。1998年、平出らはこれを低温で陽電子の照射効果によって形成される捕捉電子と自由陽電子との反応であると説明し、予測されるいろいろな現象を実験で確かめ、従来の間違った解釈を改めた。われわれはさらに、今回、予測されていた、遅れて起こるポジトロニウム形成を、陽電子寿命-運動量相関測定(AMOC)により確認することに成功したので、その結果について報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:16.65

分野:Chemistry, Physical

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.