検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Plasma equilibrium control during slow plasma current quench with avoidance of plasma-wall interaction in JT-60U

JT-60Uでの緩やかなプラズマ電流消滅時における平衡制御によるプラズマと壁の相互作用の回避

芳野 隆治; 中村 幸治; 閨谷 譲

Yoshino, Ryuji; Nakamura, Yukiharu; Neyatani, Yuzuru

JT-60Uにおいて、プラズマ電流消滅時に発生する垂直移動現象(Vertical Displacement Event,VDE)は、垂直位置の実時間モニタの精度劣化に起因することを突き止めている。そこで、モニタ精度を向上させた結果、世界で初めて、プラズマ電流消滅時の垂直位置制御を実現し、VDEを回避することに成功した。この時、さらに、プラズマと真空容器第一壁との相互作用を回避する(又は、ダイバータプラズマ配位を維持する)には、X点の高さを維持することが必要と判明したため、プラズマ電流に対するダイバータコイル電流の比率を一定に制御した。以上により、トカマク型核融合炉にて危惧されているディスラプション中のVDEとプラズマと壁の相互作用は、適切な平衡配位制御を行えば回避できることを実証した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:31.68

分野:Physics, Fluids & Plasmas

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.