検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Numerical validation of a modified neutron source multiplication method using a calculated eigenvalue

実効増倍率の計算値を用いた修正中性子源増倍法の数値的検証

山本 俊弘; 桜井 淳; 内藤 俶孝*

Yamamoto, Toshihiro; Sakurai, Kiyoshi; not registered

従来の中性子源増倍法による未臨界度測定法の欠点を補うために、「計算誤差間接推定法」を提唱した。この手法は、計算で求めた実効増倍率のバイアスを、中性子計数率の測定値と計算値との差から求めるものである。このバイアスを、計算で求めた実効増倍率の補正に使うことにより、より真値に近い実効増倍率を導くことができる。この手法の検証を行うために、中性子源増倍法を模擬した数値実験を中性子拡散計算で行った。この手法によって真の実効増倍率がどの程度再現できるかが示された。その結果、この手法によって未臨界度を高精度に評価するためには、少なくとも三ヵ所での中性子反応率の測定が必要であることが分かった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:83.28

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.