検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

水張格納容器方式の冷却材喪失事故時の圧力挙動に関する基礎実験

Basical experiment on pressure behavior in a water-filled containment vessel during a loss of coolant accident

楠 剛; 頼経 勉; 石田 紀久

Kusunoki, Tsuyoshi; Yoritsune, Tsutomu; Ishida, Toshihisa

日本原子力研究所が設計研究を進めている改良舶用炉MRXは、小型一体型炉であり、冷却材喪失事故に対する工学的安全施設として受動的安全機能を有する水張格納方式を採用している。本格納容器方式では、冷却材喪失事故時に格納容器圧力が上昇して原子炉容器の圧力と等しくなることで、冷却材の流出を停止させる。水張格納容器の設計では、冷却材喪失事故時の圧力挙動を明らかにしておくことが重要であるが、本設計のように受動的な炉心冠水維持を図った格納容器に関する実験例はない。本報告書では、冷却材喪失事故時の水張格納容器内の熱流動現象を実験的に調べ、格納容器圧力上昇の程度及びそれへの影響因子を明らかにし、格納容器圧力上昇の簡便な予測モデルを検討した結果を述べる。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:84.18

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.