検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Strong alignment observed for the time-reversed photoionization process studied in relativistic collisions with bare uranium ions

U$$^{92+}$$を用いた高エネルギー原子衝突において時間反転光イオン化過程で観測される強い電子整列

T.Stoehlker*; J.Eichler*; 市原 晃; 白井 稔三; R.W.Dunford*; T.Ludziejewski*; P.Rymuza*; Z.Stachura*; P.Swiat*; A.Warczak*; F.Bosch*; A.Gallus*; C.Kozhuharov*; G.Menzel*; P.H.Mokler*; H.T.Prinz*

T.Stoehlker*; J.Eichler*; Ichihara, Akira; Shirai, Toshizo; R.W.Dunford*; T.Ludziejewski*; P.Rymuza*; Z.Stachura*; P.Swiat*; A.Warczak*; F.Bosch*; A.Gallus*; C.Kozhuharov*; G.Menzel*; P.H.Mokler*; H.T.Prinz*

裸の高Z入射イオンと低Z標的原子間の高エネルギー原子衝突において、標的原子内の電子は輻射を伴って入射イオンの励起状態中へ捕獲され、更にX-線を放出して入射イオンの基底状態へと遷移する。この過程は2光子-1電子光イオン化の逆反応と解釈できる。本論文では、輻射電子捕獲により入射イオンの励起状態中へ移った電子が基底状態へと遷移する際に放出される、Lyman $$alpha$$$$_{1}$$(2P3/2$$rightarrow$$1S1/2)X-線の角度分布に対する実験及び理論計算の結果が与えられている。得られたX-線の異方性のパターンから、電子は2P3/2状態においては主に$$mu$$=$$pm$$1/2磁気的サブレベル中に存在することを見い出した。そして、Lyman $$alpha$$$$_{1}$$遷移に伴う放出光は強く直線的に偏ることが分かった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:10.49

分野:Physics, Multidisciplinary

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.