検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

An evaluation of the inlet flow reduction for a cable-in-conduit conductor in pulsed operation

ケーブル・イン・コンジット導体の入口流量低下に関する設計基準

杉本 誠; 礒野 高明; 辻 博史; 吉田 清; 高野 一朗*; 浜島 高太朗*; 佐藤 隆*; 篠田 公之*

Sugimoto, Makoto; Isono, Takaaki; Tsuji, Hiroshi; Yoshida, Kiyoshi; not registered; Hamajima, Takataro*; Sato, Takashi*; Shinoda, K.*

ケーブル・イン・コンジット導体は、その高い熱・機械・電気特性から核融合炉用コイルのような大型機器に応用されている。またその高い熱特性から、核融合用あるいは磁気エネルギ貯蔵コイルでのパルス運転用としても利点を有している。通常ケーブル・イン・コンジット導体は強制冷凍にて冷却されるため、多数の冷却流路を持つ。パルス運転による交流損失による発熱は、その大きな冷却ペリメータにより速やかに除去される。一方、導体内部の発熱は、導体入口流量の低下を招く。従ってパルス運転による交流損失による発熱により、入口流量の低下を招き、これがパルス運転への制約となる。この入口流量低下と内部発熱量の関係を定量的に論じる。併せて、パルス運転時の入口流量低下に関する設計基準を提案する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:24.33

分野:Thermodynamics

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.