検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Temperature effects on radiation induced phenomena in polystyrene having atactic and syndiotactic structures

アタクティク及びシンディオタクティック構造を有するポリスチレンの放射線誘起現象に及ぼす温度の効果

高鹿 和信*; 大島 明博*; 蔵本 正彦*; 瀬口 忠男; 田畑 米穂*

not registered; not registered; not registered; Seguchi, Tadao; Tabata, Yoneho*

アタクティク及びシンディオタク構造を有するポリスチレンについて、77Kから473Kの温度範囲で照射を行い、その後、ガス発生、架橋と切断及び力学特性を調べ、照射温度依存性を検討した。H$$_{2}$$ガスの発生は、ガラス転移点以上の温度での照射では特に増大した。またその収率は、立体構造の違いを反映していた。架橋は室温で進行したが、照射温度の増大とともに切断のG値が増大した。G(H$$_{2}$$),G(x),G(s)値は、ポリスチレンのモルフォロジーと立体規則性に関連していることが明らかになった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:71.35

分野:Chemistry, Physical

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.