検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Dechlorination of chlorobenzene in air with electron beam

電子線による空気中クロルベンゼンの脱塩素化

広田 耕一; 箱田 照幸; 新井 英彦; 橋本 昭司

Hirota, Koichi; Hakoda, Teruyuki; Arai, Hidehiko; Hashimoto, Shoji

初期濃度およそ20ppmの空気中クロルベンゼンに対して、4,8kGy及び4kGyにアンモニアを加えた場合の3種類について、塩素と炭素のマスバランスを調べた。その結果、4kGy照射により、除去されたクロルベンゼンのおよそ65%が脱塩素化していることがわかった。この値は8kGyでもほぼ同じとなった。アンモニアを加えることにより脱塩素化は促進され、およそ80%となった。また、クロルベンゼン分解により生成したガス状の物質を分析した結果、ギ酸と無機炭素の量が全ガス状物質のおよそ70%を占めることがわかった。さらに、FTIR等による分析により、ガス状物質の生成には脂肪族系酸化物が、エアロゾルの生成には有機窒素酸化物がそれぞれ関与していることがわかった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:89.15

分野:Chemistry, Physical

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.