検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Collisional effects on population inversion in optical-field-ionized plasmas

光電界電離プラズマ中における衝突効果の反転分布に与える影響

匂坂 明人*; 永島 圭介; 山極 満; 的場 徹; 宅間 宏*

Sagisaka, Akito*; Nagashima, Keisuke; Yamagiwa, Mitsuru; Matoba, Toru; not registered

高強度極短パルスレーザーを用いた光電界電離(OFI)による再結合型X線レーザーの場合、生成される電子のエネルギー分布は非マクスウェル分布となる。そのため、加熱機構を含む分布関数の時間変化を計算し、X線レーザーの反転分布生成に与える影響を定量的に評価する必要がある。本研究では、水素様ヘリウムに注目し利得の計算を行った。電子の分布関数については、電子-電子衝突による緩和過程を取り入れフォッカー・プランク方程式により計算した。この結果、緩和過程の影響が大きく、非マクスウェル性が抑制されてしまうことがわかった。しかしながら、入力レーザーのパルス幅を短くしていくことで(~10fs)最大12cm$$^{-1}$$の利得を得られることが示され、X線レーザーの発振の可能性が期待される。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:73.17

分野:Physics, Multidisciplinary

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.