検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Isomeric yield ratios of $$^{134}$$I and $$^{136}$$I in the proton-, $$^{12}$$C- and $$^{19}$$F-induced fission of $$^{235}$$U, $$^{237}$$Np and $$^{238}$$U

陽子、$$^{12}$$C及び$$^{19}$$F誘起による$$^{235}$$U,$$^{237}$$Np及び$$^{238}$$Uの核分裂で生成する$$^{134}$$I及び$$^{136}$$Iの核異性体収率比

篠原 伸夫; 塚田 和明; 市川 進一; 間柄 正明; 初川 雄一

Shinohara, Nobuo; Tsukada, Kazuaki; Ichikawa, Shinichi; Magara, Masaaki; Hatsukawa, Yuichi

迅速化学分離装置SISAKを用いて、$$^{235}$$U,$$^{237}$$Np,$$^{238}$$Uの陽子、$$^{12}$$C及び$$^{19}$$F誘起核分裂で生成する短寿命ヨウ素核種を分離し、$$gamma$$線スペクトロメトリーによりこれら核種の相対的収率を測定して、核異性体収率比$$^{134m}$$I/$$^{134g}$$I及び$$^{136m}$$I/$$^{136g}$$Iを求めた。統計モデルを用いて測定値から核分裂片の角運動量を算出して、核分裂機構を考察した。軽イオンと重イオンによる核分裂の差異は、核分裂核の励起エネルギー及びN=82における球型閉殻構造によって説明できることがわかった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:100

分野:Chemistry, Inorganic & Nuclear

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.