検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Study of internal transport barriers by comparison of reversed shear and high-$$beta$$$$_{p}$$ discharges in JT-60U

JT-60Uにおける負磁気シア放電と高$$beta$$$$_{p}$$放電との比較による内部輸送障壁の研究

小出 芳彦; 森 雅博; 藤田 隆明; 白井 浩; 波多江 仰紀; 滝塚 知典; 木村 晴行; 及川 聡洋; 伊世井 宣明; 諫山 明彦; 竹治 智; 河野 康則; 逆井 章; 鎌田 裕; 福田 武司; 石田 真一

Koide, Yoshihiko; Mori, Masahiro; Fujita, Takaaki; Shirai, Hiroshi; Hatae, Takaki; Takizuka, Tomonori; Kimura, Haruyuki; Oikawa, Toshihiro; Isei, Nobuaki; Isayama, Akihiko; Takeji, Satoru; Kawano, Yasunori; Sakasai, Akira; Kamada, Yutaka; Fukuda, Takeshi; Ishida, Shinichi

JT-60Uの負磁気シア放電では顕著な電子系熱輸送の低減現象が観測された。一方、高ポロイダル$$beta$$放電では、電子系熱輸送の低減は明確ではないが、イオン系熱輸送の低減等は負磁気シア放電の特性と類似している。本研究の目的は、負磁気シア放電と高ポロイダル$$beta$$放電の特性を整理・比較することにより、前者で観測される電子系熱輸送の低減現象の起源を解明することである。これまで得られた知見は以下のとおりである: 両者とも中心加熱がその発生に必要である。負磁気シア放電では、(1)電子系熱輸送、イオン系熱輸送、粒子輸送の低減(内部輸送障壁)が小半径の20%程度の領域に局在する。(2)その位置は半径方向に移動し安全係数が極小となる位置で停流する。高ポロイダル$$beta$$放電では、(1)内部輸送障壁は半径方向に移動するが安全係数が極小となる位置が存在しなくても発生・停留する。(2)加熱閾値は電子密度とともに上昇する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:63.39

分野:Physics, Fluids & Plasmas

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.