検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Magnetic properties of Pr$$_{1-x}$$Sr$$_{x}$$CoO$$_{3}$$

Pr$$_{1-x}$$Sr$$_{x}$$CoO$$_{3}$$の磁気的性質

吉井 賢資; 中村 彰夫

Yoshii, Kenji; Nakamura, Akio

コバルト酸化物Pr$$_{1-x}$$Sr$$_{x}$$CoO$$_{3}$$についてその磁気的性質を調べ、類似化合物La$$_{1-x}$$Sr$$_{x}$$CoO$$_{3}$$の性質と比較した。本系の結晶構造はxの全領域で、斜方晶ペロブスカイト型を示した。x=0の化合物PrCoO$$_{3}$$は300K以下では磁気転移を示さないが、SrをPrサイトに導入することにより、強磁性転移を起こす。転移温度はx=0.5で最大で~250Kであった。低温で磁化の緩和を測ったところ、磁化が時間の対数に比例することがわかった。スピングラス特有のエージング効果が観測されなかったことと、同一の結果がLa$$_{1-x}$$Sr$$_{x}$$CoO$$_{3}$$で得られていることから、この強磁性はクラスターグラス状態を伴っていることを推測した。La$$_{1-x}$$Sr$$_{x}$$CoO$$_{3}$$ではx=0.15にスピングラスとクラスターガラスの境界があることが報告されているが、本系ではx$$>$$0ですべてクラスターガラス状態であることがわかった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:23.43

分野:Physics, Condensed Matter

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.