検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

The AMS facility at the Japan Atomic Energy Research Institute (JAERI)

日本原子力研究所のAMS施設

荒巻 能史; 水島 俊彦; 水谷 義彦*; 山本 忠利; 外川 織彦 ; 甲 昭二*; 久慈 智幸*; Gottdang, A.*; Klein, M.*; Mous, D. J. W.*

Aramaki, Takafumi; Mizushima, Toshihiko; Mizutani, Yoshihiko*; Yamamoto, Tadatoshi; Togawa, Orihiko; Kabuto, Shoji*; Kuji, Tomoyuki*; Gottdang, A.*; Klein, M.*; Mous, D. J. W.*

日本原子力研究所むつ事業所では、1997年にハイボルテージ社のタンデトロンを設置した。同装置は$$^{14}$$C及び$$^{129}$$Iの測定を行うための2つのビームラインを有している。$$^{14}$$Cについては精度確認を終了し、$$^{14}$$C/$$^{12}$$Cについて1.58‰、$$^{13}$$C/$$^{12}$$Cについて0.25‰の変動係数が得られた。$$^{129}$$Iについては精度確認のための最終調整を行っている。さらに$$^{14}$$C測定のための正確さを評価するため、IAEAが配布する標準試料を測定した結果、その値は他の機関により報告されている値と一致した。また、当研究室ではおもに海洋中の水循環や炭素循環を研究する目的でDIC中の$$^{14}$$C測定を計画している。そこで海水中のDICを効率よく抽出するための前処理法を開発し、自動化を推進している。講演では、これら前処理法を用いて得られた西部北太平洋のデータについても一部紹介する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:83.97

分野:Instruments & Instrumentation

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.