検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Power flow in the negative-ion based neutral beam injection for JT-60

JT-60用負イオンNBIにおけるパワーフロー

栗山 正明; 秋野 昇; 海老沢 昇; Grisham, L. R.*; 疋田 繁紀*; 本田 敦; 伊藤 孝雄; 河合 視己人; 椛澤 稔; 日下 誠*; 藻垣 和彦; 大賀 徳道; 奥村 義和; 大原 比呂志; 佐藤 藤雄*; 関 宏*; 棚井 豊*; 豊川 良治; 梅田 尚孝; 薄井 勝富; 渡邊 和弘; 山口 将男*; 山崎 晴幸*

Kuriyama, Masaaki; Akino, Noboru; Ebisawa, Noboru; Grisham, L. R.*; Hikida, Shigenori*; Honda, Atsushi; Ito, Takao; Kawai, Mikito; Kazawa, Minoru; Kusaka, Makoto*; Mogaki, Kazuhiko; Oga, Tokumichi; Okumura, Yoshikazu; Ohara, Hiroshi; Sato, Fujio*; Seki, Hiroshi*; Tanai, Yutaka*; Toyokawa, Ryoji; Umeda, Naotaka; Usui, Katsutomi; Watanabe, Kazuhiro; Yamaguchi, Masao*; Yamazaki, Haruyuki*

500keVで10MW入射を目標とするJT-60用イオンNBIは、1996年以来約3年間運転している。このNBIでのイオン源当たりの出力としてこれまでは負イオン水素ビームで360kV,18.5Aの加速を行っており、またJT-60プラズマへの入射実験では、5.2MWの中性ビーム入射を果している。イオン源及びビームラインでのパワーフロー測定結果によると、加速ビームの30~40%が三段加速の電極で失われている。このロスの大部分はビーム自身の各電極への直接衝突によって生じている。アークチャンバー側壁のカスプ磁場による偏向の影響を最小にするため、引出し領域の両端(全引出し面積の約10%)をマスクしたところ、このロスは約30%減少した。このロスをさらに小さくするための原因究明の研究を続けている。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:29.01

分野:Instruments & Instrumentation

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.