検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

改良舶用炉MRXのLOCA時の格納容器圧力及び炉心冠水維持機能解析

Analysis of core flooding capability and containment vessel pressure during LOCA on advanced marine reactor MRX

楠 剛; 大久保 哲郎*; 頼経 勉; 安達 雅樹; 石田 紀久

Kusunoki, Tsuyoshi; not registered; Yoritsune, Tsutomu; not registered; Ishida, Toshihisa

水張格納容器及び自然循環方式の崩壊熱除去設備による受動的安全設備を備えた改良舶用炉MRXについて、LOCA解析をRELAP5により行い、格納容器圧力が設計圧力を上回ることなく炉心冠水を維持することが可能な運転範囲を明らかにした。解析では、配管の破断位置、格納容器気相部初期体積等をパラメータとした。その結果、格納容器気相部初期体積は基準値30m$$^{3}$$を中心に26~36.5m$$^{3}$$の範囲内に制御する必要があることが示された。また、長期冷却については、RELAP5の計算に加え、簡易計算を行い、非常用崩壊熱除去系統及び非常用格納容器水冷却系統の性能が、炉心冠水維持と格納容器圧力抑制のために妥当なものであることを明らかにした。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.