検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Study on the passive safe technology for the prevention of air ingress during the primary-pipe rupture accident of HTGR

高温ガス炉の配管破断事故時における空気侵入防止技術の研究

武田 哲明; 菱田 誠*

Takeda, Tetsuaki; Hishida, Makoto*

高温ガス炉の1次冷却系主配管破断事故時の空気侵入挙動の解明と空気侵入防止技術の開発に資するため、原子炉の流路構成を模擬した試験装置を用いて実験を行った。実験の結果、配管破断後の炉心部を一定速度で降温する場合は、事故を空気の自然循環流が発生する第2段階まで進展させないような降温速度が存在することが明らかとなった。また、炉心部の高温と低温流路間に発生する空気の自然循環流は、低温流路側に相当する圧力容器等の流路からヘリウムガスを一定量注入することによって流れを制御することができ、多量の空気侵入を防止できることを示した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:16.51

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.