検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Selective mass separation of light lanthanoids by means of ionization of their monoxides

一酸化物をイオン化することによる軽いランタノイドの選択的質量分離

市川 進一; 関根 俊明; 飯村 秀紀; 大島 真澄; 高橋 成人*

not registered; Sekine, Toshiaki; not registered; Oshima, Masumi; not registered

オンライン質量分離器用に開発した熱イオン源を用い、軽いランタノイドのイオン化挙動を調べた。BaからSmまでの酸化物を出発物質に用いた実験では、Mo$$^{+}$$とM$$^{+}$$のイオン種が観測された。Mo$$^{+}$$/M$$^{+}$$の割合は、La、Ceが高く、原子番号の増加とともに減少する。他方BaのMo$$^{+}$$イオン種は観測できなかった。オンライン実験では、$$^{32}$$S+$$^{net}$$Mo反応で生成した$$^{124}$$La(T1/2=29S)を酸化物イオンの形で質量分離することにより、同時に生成した$$^{124}$$Cs(T1/2=30S)、$$^{124}$$Ba(T1/2=10.5min)から単離することに成功した。本方法を用い、$$^{32}$$S+$$^{92}$$Mo反応で生成した質量数121の核種を分離し、新核種$$^{121}$$La、半減期5.2$$pm$$0.25を見い出した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:10.2

分野:Instruments & Instrumentation

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.