検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Sequential separation of neptunium, plutonium, americium and curium using coprecipitation with bismuth phosphate

リン酸ビスマス共沈法によるネプツニウム、プルトニウム、アメリシウム及びキュリウムの連続分離

木村 貴海

Kimura, Takaumi

リン酸ビスマス共沈法によるネプツニウム、プルトニウム、アメリシウム及びキュリウムの相互分離法を確立するために、リン酸溶液中でアクチニド元素と酸化還元剤との反応を調べた。その結果、共沈法とアクチニド元素の酸化還元反応の組み合わせにより、ウラン共存下で上記のアクチニド元素を逐次共沈分離できることを示した。また、この分離法における核分裂生成物の共沈挙動も検討した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:67.03

分野:Chemistry, Analytical

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.