検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Ion Bernstein wave experiment on JFT-2M tokamak

JFT-2Mトカマクにおけるイオンバーンシュタイン波加熱実験

玉井 広史; 小川 俊英; 松本 宏; 小田島 和男; 相川 裕史; 星野 克道; 河西 敏; 河上 知秀; 川島 寿人; 近藤 貴; 松田 俊明; 三浦 幸俊; 森 雅博; 中沢 一郎*; 小川 宏明; 大麻 和美; 大塚 英男; 仙石 盛夫; 荘司 昭朗; 鈴木 紀男

Tamai, Hiroshi; Ogawa, Toshihide; Matsumoto, Hiroshi; Odajima, Kazuo; not registered; Hoshino, Katsumichi; Kasai, Satoshi; Kawakami, Tomohide; Kawashima, Hisato; Kondoh, Takashi; Matsuda, Toshiaki; Miura, Yukitoshi; Mori, Masahiro; Nakazawa, Ichiro*; Ogawa, Hiroaki; not registered; Otsuka, Hideo; Sengoku, Seio; Shoji, Teruaki; Suzuki, Norio

JFT-2Mトカマクにおけるイオンバーンシュタイン波加熱実験(IBW)の報告である。アンテナ負荷抵抗はプラズマがアンテナに近づくにつれて上昇し、Hモード時は、周辺密度が下がることによって減少した。IBWによる水素イオンの加熱が観測されたが、同時に、スクレイプオフ層の電子加熱も起きており、これは輻射損失の増大をもたらし、この結果、エネルギー閉じ込めは、同一条件における従来型のモード変換加熱に比べ低い値を示した。またHモードプラズマへIBWを入射したところ、きわめて短時間の内に不純物の蓄積が起こり、Hモードプラズマ状態を持続できなかった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:89.52

分野:Physics, Applied

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.