検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Test results of X2242 and X2274 high power tetrodes with the JT-60 ICRF amplifier in a frequency range of 110-130MHz

JT-60ICRF加熱装置を用いた大電力四極管X2242及びX2274特性試験

森山 伸一; 小川 芳郎*; 藤井 常幸; 安納 勝人; 篠崎 信一 ; 寺門 正之; 木村 晴行; 三枝 幹雄; 永島 孝; 太田 充; D.B.Remsen*; C.M.Loring*; S.G.Mcnees*; 笈原 健*; 山根 貴佳*

Moriyama, Shinichi; not registered; Fujii, Tsuneyuki; not registered; not registered; Terakado, Masayuki; Kimura, Haruyuki; Saigusa, Mikio; Nagashima, Takashi; Ota, Mitsuru; D.B.Remsen*; C.M.Loring*; S.G.Mcnees*; not registered; not registered

JT-60ICRF加熱装置を用いて、新開発の大電力四極管VarianElMAC X2242及びX2274の特性試験を日米協力の下で行った。現在同加熱装置は、VarianElMAC8973を用いて、四極管1本当たり0.75MW(108~132MHz)の出力が可能である。新四極管は、8973と寸法が同一で、グリッド材質を大きな損失に耐えられる等方性黒鉛に変更したものである。新四極管の試験のために、電源及びキャビティの改造を行った。試験目標は、1.5MW5秒間(130MHz)の出力確認と、アンテナ負荷を模擬したVSWR$$>$$1の負荷に対する四極管の挙動を調べることである。X2242を用いた第1回目の試験では、遮蔽グリッド電極の過熱が問題となったが、同電極の形状を変更しアノード冷却効率も改善した改良管X2274を用いた第2回目の試験では目標を上回る、1.7MW5.4秒(131MHz)の出力を確認した。負荷VSWR$$>$$1での損失の増加も実用上全く問題の無いレベルであることを確認した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:70.42

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.