検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Response to Dr.Drosgs comment

Drosg博士への回答

柴田 恵一

Shibata, Keiichi

これはJENDL-3の$$^{3}$$Heと$$^{4}$$Heの評価に関するDrosg博士のコメントに対する回答である。Haesnerは5~30MeVのエネルギーで10以上の角度で弾性散乱の角度分布を測っている。JENDL-3で採用したのはその角分布の形状であって、断面積の大きさは全断面積から弾性外断面積を引いて求めているので、Drosg氏の言うように彼らの値を規格化しなければいけないという問題はない。また、今回の評価では確かに$$^{3}$$He(n,2n)2p等のブレークアップ反応は無視しているが、実験データがあるわけでもなく、その分弾性散乱断面積が大きく(14MeVで2%程度)なっている事を注意していれば良い。(n,p)と(n,d)反応に関しても、Drosg氏の指摘するようにデータを誤って解釈しているということはない。結論として、筆者としてはJENDL-3のHeの評価の方法と結果に対しては自信を持っている。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:100

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.