検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Remedy for round-off error accumulation observed in a neutron diffusion calculation using the multiple reciprocity boundary element method

多重相反境界要素法を用いた中性子拡散計算でみられるまるめ誤差蓄積の除去

板垣 正文; C.A.Brebbia*

not registered; C.A.Brebbia*

多重相反境界要素法を用いて中性子源反復計算を行う時、ある収束条件が満足されないとまるめ誤差が蓄積していく現象がみられる。この論文はこの数値誤差を除去できる多重相反法の新しい定式化を提案する。上記の収束条件が常に満足されるように中性子拡散方程式をWielandtの原点移動法の考え方に沿って変更する。この場合、境界積分方程式の組立に必要な基本解は、従来法では修正Helmholtz方程式での基本解であったのに対し新しい方法では標準のHelmholtz方程式に対するものとなる。この点を除けば境界積分方程式の型式は新旧で同一である。テスト計算の結果新しい方法によると中性子源反復は急速かつ安定に収束しまるめ誤差の蓄積に伴う数値的不安定現象はもはや見られなくなった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:24.64

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.