検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

High-spin states in $$^{107}$$Sn

インビーム$$gamma$$線核分光法による$$^{107}$$Sn,$$^{105}$$Sn核構造の研究

石井 哲朗; 牧嶋 章泰*; 小金丸 健一*; 齋藤 勇一; 小川 雅生*; 石井 三彦

Ishii, Tetsuro; Makishima, Akiyasu*; not registered; Saito, Yuichi; Ogawa, Masao*; not registered

インビーム$$gamma$$線核分光法により、$$^{107,105}$$Snの核構造を研究した。これらの原子核は重イオン融合核反応$$^{54}$$Fe($$^{56,54}$$Fe,2pn)$$^{107,105}$$Snにより生成した。両原子核において、$$nu$$d$$_{5/2}$$,$$nu$$g$$_{7/2}$$をヘッドする偶パリティのバンドを確定した。また、$$gamma$$線の直線偏光度の測定により、$$^{107}$$Snの奇パリティのバンドを明らかにした。平均寿命の測定を行い、7/2$$^{+}$$$$rightarrow$$5/2$$^{+}$$のM1遷移がl禁止の転移であることがわかった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.