検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

ダイバータ研究の現状と課題,3; ダイバータ実験の現状

Status of divertor experiments

嶋田 道也

Shimada, Michiya

小特集「ダイバータ研究の現状と課題」の中核部として、最近のダイバータ実験結果の現状について解説した。ダイバータ研究の重要性に鑑み、ダイバータの計測器が整備され、ダイバータ輸送コードの比較、データベースの充実が図られるようになった。このため熱輸送、粒子輸送、放射冷却、不純物発生に関しての定量的な議論が可能になった。しかしながら装置間で共通のデータベース作成は全んど着手されていないため、今後異なる装置でデータを比較し次期装置への外挿の精度、信頼性を向上させる必要がある。また、高パワー加熱のデータ、電流駆動のデータも不足しており、低温高密度ダイバータと改善閉じ込めの両立も課題として残されている。不純物発生に関してはJT-60などで定量的な発生機構解明が進んだが、不純物輸送に関しては、今後の発展が期待される。

This is a review article on divertor research: present status and issues. In light of importance of divertor research, divertor diagnositics have been significantly developed, and their data have been compared with transport code calculations and divertor database has been accumulated, which has enabled quantitative discussion on thermal and particle transport, radiative cooling and impurity source. However, inter-machine database has not been archived yet. Inter-machine comparison would improve the estimation of divertor characteristics in future devices.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.