検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Development of an atmospheric $$^{222}$$Rn concentration model using a hydrodynamic meteorological model,1; One dimensional practical model

気象力学モデルを用いた$$^{222}$$Rn大気中濃度予測モデルの開発,I; 1次元実用モデル

茅野 政道; 山澤 弘実; 飯田 孝夫*

Chino, Masamichi; Yamazawa, Hiromi; Iida, Takao*

大気境界層内でのラドンの移行についての一次元数値モデルを開発した。モデルは、乱流クロージャーモデルを含む流体力学モデルと、ラドンの拡散モデルから成る。前者は後者に、境界層内でのラドンの鉛直混合に影響を与える乱流状態を入力するためのものである。計算結果を、弱風で強い日射を含む晴天時や強風の曇天日等の種々の気象状態でのラドン濃度測定値と比較し、モデルが、ラドン濃度の典型的日変化をよく再現できることを示した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:33.71

分野:Environmental Sciences

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.