検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Characteristics of a deuterium-tritium fusion source on a rotating target used in simulated fusion blanket experiments

核融合炉ブランケット模擬実験に用いた回転ターゲットのD-T中性子源特性

中川 正幸; 森 貴正; 小迫 和明*; 大山 幸夫; 池田 裕二郎; 今野 力; 前川 洋; 中村 知夫*; M.A.Abdou*; Bennett, E. F.*; M.Z.Youssef*; T.Yule*

Nakakawa, Masayuki; Mori, Takamasa; Kosako, Kazuaki*; Oyama, Yukio; Ikeda, Yujiro; Konno, Chikara; Maekawa, Hiroshi; not registered; M.A.Abdou*; Bennett, E. F.*; M.Z.Youssef*; T.Yule*

日米核融合協同実験のフェイズIIA及びIIB体系において、中性子線源特性を明らかにするため、体系内のキャビティ及び試験領域の表面において、中性子スペクトル及び各種放射化率の測定を行った。その解析は原研及び米国で独立にそれぞれの計算コードと核データを用いて行った。計算法としてモンテカルロ法と二次元Sn法を使った。その結果、中性子スペクトルは一部を除き15MeV~数keVの範囲で良い一致を得た。放射化率は実験値と計算値の差は$$pm$$10%内に入る。この様にブランケットへ入射する中性子の特性は満足のいく精度で予測できることが明らかとなった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.