検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Measurements and analyses of decay radioactivity induced in simulated deuterium-tritium neutron environments for fusion reactor structural materials

核融合炉構造材中の誘導放射能の測定と解析

池田 裕二郎; A.Kumar*; 今野 力 ; 小迫 和明*; 大山 幸夫; 前川 藤夫 ; 前川 洋; M.Z.Youssef*; M.A.Abdou*

Ikeda, Yujiro; A.Kumar*; Konno, Chikara; Kosako, Kazuaki*; Oyama, Yukio; Maekawa, Fujio; Maekawa, Hiroshi; M.Z.Youssef*; M.A.Abdou*

ITER等の核融合装置では、D-T燃焼に伴う構成材の放射化が炉の線量分布、崩壊熱、廃棄物評価など、環境安全性の観点から重要な問題として認識されており、設計に用いる誘導放射能計算コードのみならず放射化断面積などのデータベースの整備と共にその精度確認が急がれている。その要請に応えるために、日米共同実験の一環として、D-T中性子環境を模擬したスペクトル場で、一連の核融合構成候補材の誘導放射能ベンチマーク実験を進めてきた。実験データを基に、JENDL,CROSSLIB(日本)、REAC$$^{ast}$$3(米国)などの放射化断面積ライブラリーを用いた解析を行い、C/E値から計算の予測精度の妥当性試験を行い、設計への適用性の判断基準としての有効性を示した。本件では、日米共同実験の共同論文として、主に構造材についての詳細な結果を報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.