検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Present activities preparation of a Japanese draft of structural design guidelines for the experimental fusion reactor

核融合実験炉構造設計基準の日本案作成に関する研究の現状

宮 健三*; 武藤 康; 高津 英幸; 羽田 一彦; 小泉 興一; 實川 資朗; 荒井 長利; 大川 慶直; 島川 貴司*; 青砥 紀身*; 白石 晋樹*; 高木 敏行*; 三木 信晴*; 高橋 茂*; 佐藤 瓊介*; 武正 文夫*; 笠羽 道博*; 工藤 文夫*; 藤田 淳哉*; 梶浦 宗次*

Miya, Kenzo*; not registered; Takatsu, Hideyuki; Hada, Kazuhiko; Koizumi, Koichi; Jitsukawa, Shiro; not registered; Okawa, Yoshinao; Shimakawa, T.*; Aoto, Kazumi*; not registered; not registered; not registered; not registered; not registered; not registered; not registered; not registered; Fujita, J.*; Kajiura, Soji*

核融合実験炉ITERを我国に建設する際に構造設計基準上の観点から、どのような規制が必要となるかについて検討を行った。検討課題は、機器区分、運転状態分類、解析手法、破壊基準、簡易評価手法、材料特性、溶接及び検査などである。この結果、機器区分案及び運転状態分類案を作成し、また第1壁の316SS部分が中性子照射により脆化する際の破壊がティアリングモジュラス・クライテリオンで評価でき、更に現在用いられている応力ベースの許容基準が安全側であること、電磁力による振動及び破壊挙動に関する実験結果、真空容器が第3種機器に相当する場合に要求される溶接、検査、ISIの項目について記す。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:33.71

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.