検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

H-mode by edge ECH in JFT-2M

JFT-2Mでの周辺部のECHによるHモード

星野 克道; 山本 巧; 川島 寿人; 玉井 広史; 小川 俊英; 小田島 和男; 鈴木 紀男; 上杉 喜彦; 森 雅博; 相川 裕史; 河西 敏; 河上 知秀; 松田 俊明; 三浦 幸俊; 小川 宏明; 大塚 英男; 荘司 昭朗; 山内 俊彦; 近藤 貴; 中沢 一朗*

Hoshino, Katsumichi; Yamamoto, Takumi; Kawashima, Hisato; Tamai, Hiroshi; Ogawa, Toshihide; Odajima, Kazuo; Suzuki, Norio; Uesugi, Yoshihiko; Mori, Masahiro; not registered; Kasai, Satoshi; Kawakami, Tomohide; Matsuda, Toshiaki; Miura, Yukitoshi; Ogawa, Hiroaki; Otsuka, Hideo; Shoji, Teruaki; Yamauchi, Toshihiko; Kondoh, Takashi; not registered

電子サイクロトロン加熱のみによる周辺加熱でHモードへの遷移を見出した。入射波は周波数60GHzで、異常波の偏波を持つ。Hモード遷移動のしきい値は160kWで、これはJFT-2Mのしきい値としても最小値である。二倍高調波の電子サイクロトロン共鳴層は、プラズマ半径の90%という周辺にあり、配位は、下シングルヌルダイバータ配位である。この結果は、Hモード遷移には、プラズマ中心部の追加熱パワーは不必要であることを示すものである。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.