検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Status report of the JAERI on-line isotope separator

原研オンライン同位体分離器の現状

市川 進一; 関根 俊明; 大島 真澄; 飯村 秀紀; 中原 嘉則

not registered; Sekine, Toshiaki; Oshima, Masumi; not registered; Nakahara, Yoshinori

オンライン同位体分離器(JAERI-ISOL)をタンデム加速器に付設後、オンラインイオン源、イオン収集テープ装置およびデータ収集系の整備を進めて来た。イオン源技術では、酸化物イオン化法によるLa,Ceの選択的分離法を見い出した。この方法を用い、重イオン核反応で生成される陽子過剰核の核構造、崩壊の研究を進めている。これまで$$^{121~127}$$Laの同位体を対象に、詳しい崩壊図式を作成して来た。このうち$$^{121}$$Laは、この一連の研究の中で始めて確認された核種である。また、高速イオンビーム法による原子スペクトルの超微細構造(hfs)を測定する実験を開始した。現在、安定同位体である$$^{141}$$Prを用い装置の性能試験を進めている。これまで、分解能~100MHzでhfsの観測に成功し、$$^{141}$$PrIIの超微細構造定数A,Bを決定した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:21.28

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.