検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Measurement of hold-up times in a thermal ion source for metallic and monoxide ions of lanthanum and cerium

ランタンとセリウムの金属イオン並びに一酸化物イオンの熱イオン源内での遅延時間

市川 進一; 関根 俊明; 飯村 秀紀; 大島 真澄

not registered; Sekine, Toshiaki; not registered; Oshima, Masumi

オンライン同位体分離器を用いた短寿命アイソトープの研究においては、核反応によって原子核が生成してからイオン化されて引き出されるまでの時間(遅延時間)は重要な要素である。タンデム加速器に接続されたオンライン質量分離器に用いている熱イオン源における遅延時間を測定した。現在研究対象としているランタンとセリウムの金属イオンと一酸化物イオン、及び隣り合う元素セシウム、バリウム、プラセオジム、ネオジムの金属イオンについて測定し、比較した。その結果、ランタンとセリウムの金属イオン、酸化物イオンは両方共、他のイオンより遅延時間が長いことが判明した。その理由としては、ランタンとセリウムのイオン源の内壁への吸着エンタルピーが大きく、壁面での付着時間が長いことが考えられる。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:37.49

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.