検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Absolute calibration of the JT-60U neutron monitors using a $$^{252}$$Cf neutron source

$$^{252}$$Cf中性子源を使用したJT-60U中性子モニターの絶対較正

西谷 健夫; 竹内 浩; 近藤 貴; 伊藤 孝雄*; 栗山 正明; 池田 裕二郎; 井口 哲夫*; Barnes, C. W.*

Nishitani, Takeo; Takeuchi, Hiroshi; Kondoh, Takashi; Ito, Takao*; Kuriyama, Masaaki; Ikeda, Yujiro; Iguchi, Tetsuo*; Barnes, C. W.*

重水素放電を行うトカマクにおいて、中性子発生量の絶対較正は、核融合出力、核融合利得などのプラズマ性能を評価する上で極めて重要である。JT-60Uでは、重水素運転に先立ち、$$^{252}$$Cf中性子源をJT-60真空容器内で移動させ、中性子モニターの出力とトーラス全体の中性子発生量との関係の絶対較正を行った。まず磁気軸上の92点において点線源に対する検出効率を測定し、それを平均することによってトーラス状線源に対する検出効率を求めた。$$^{252}$$Cf中性子源と実際のDDプラズマの中性子のエネルギーの違いによる誤差や、プラズマ形状の影響などは3次元モンテカルロコードによって評価し、最終的な、中性子発生量の測定誤差は11%となった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:2.86

分野:Instruments & Instrumentation

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.